オンライン寄付サイト Invest in the Future

タイの高齢者に健康な歯を!

これまで、伝統医療師を対象に柔道整復術のセミナーを開催してきました。

これまで、伝統医療師を対象に柔道整復術のセミナーを開催してきました。

  • これまで、伝統医療師を対象に柔道整復術のセミナーを開催してきました。
  • これまで、伝統医療師を対象に柔道整復術のセミナーを開催してきました。

高齢化が急速に進んでいるタイですが、歯が悪いお年寄りが少なくありません。歯科医療より優先すべき課題が多かったために、歯の健康に対する取り組みが後回しになってきたという側面があります。タイの高齢者が健康に過ごすために、国際医療技術財団では、日本の優れた歯科医療サービスをタイに紹介し、高齢者の歯に対する意識の向上に努めます。まずはタイで歯科医療関係者約200名を対象に行うセミナーの実施にご協力をお願いいたします。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
タイは今、急速に高齢化社会へと向かっており、東南アジアで最も高齢化が進んでいる国です。しかしこれまで、高齢者の歯科衛生については、あまり取り組まれてきませんでした。タイに訪れたことのある方の中には、お年寄りが「にこっ」と笑ったとき、歯が抜けたままになっている人がいることに気付いたことはありませんか?
歯には、健康維持という役割と、おしゃれという役割があります。
年をとると、「歯が抜けてもいいや」とあきらめてしまいがちですが、歯が抜けたまま入れ歯も使わずに生活していれば消化不良を招き、やがて健康を損ねてしまいます。
高齢化社会が猛スピードで進んでいるタイで、歯科医療の向上に対して早く手を打つことが必要です。

【解決する方法】
日本では、8020運動(ハチマルニマルウンドウ)といって、国民が80歳になっても20本の歯を残せることが目標とされています。国際医療技術財団では、日本歯科医師会や日本歯科技工士会などと協力して、この考え方や具体的な取り組みをタイに広げるために、タイの歯科医療関係者約200名を対象としたセミナーや、個別の講習会を開催していく予定です。
具体的には、歯科医療専門家による健康教育セミナーの開催、企業の展示会、歯科医療のデモンストレーションや、歯科従事者を日本に招いて技術指導研修を行うということ等を計画していく予定です。
2014年度にプロジェクトの第1段階として最初のセミナーをタイで開催するために、ぜひご協力をお願いいたします。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
タイの人々の歯が健康になることで、健全な食生活が営まれ、活力ある高齢化社会が実現できます。そのために、日本の歯科医療技術やノウハウが役立ちます。

【寄付によって達成できること】
50万円あれば、タイで「日本式歯科医療サービスの効用」をテーマに、200名が参加する国際セミナーを開催することができます。

今年度のプロジェクト予算額500万


活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 公益財団法人国際医療技術財団
募集期間 2013/11/272013/12/17
活動地域 アジア
本年のオンラインでの寄付額 0

プロジェクト担当者

国際医療技術財団が、タイで初めて取り組む活動です。これから計画を具体化していきますが、その過程をみなさまにもご報告してまいります。タイの豊かな高齢化社会の実現にご協力をお願いいたします。(代表理事 小西恵一郎)

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.