オンライン寄付サイト Invest in the Future

アート&ヘルス基金

「旅するアート」目録を贈呈

「旅するアート」目録を贈呈

  • 「旅するアート」目録を贈呈
  • 寄付者を代表して井上良一様ご挨拶
  • マグネットパーツの解説をする濱名恵美さん
  • パーツを貼って、自分だけのストーリーを
  • 原画の色合いやイメージに合わせたマグネットパーツ
  • 現在は仮設の作業所。本格開設にむけて準備中(のぞみの森)
  • 仮設の作業所の入口です(のぞみの森)
  • 牛乳パックからはがきを作っています。(のぞみの森)
  • 絵はがきセットを季節ごとに作っています(のぞみの森)
  • みんなのデザインからうまれたモアイタオル(のぞみの森)

「アート&ヘルス基金」は、ケアの現場をアートの力で豊かな生活空間に変えていくことを目指しています。皆様のご寄付によって、ケアの現場に、「生きることを支えるアート」を贈っていきます。

本基金は、ケアにかかわる医療・福祉関係者、アート分野のNPOや専門家と討議を重ねながらつくってきた寄付の仕組みです。ケアの現場、特に小さなコミュニティの中にあるケアの場にアートを導入することを目指しています。

皆様のご寄付によって、病院や福祉施設、学校、コミュニティセンターなどのケアの現場に、「おかえりが聞こえるようなアート」、「自分の家のような雰囲気を創りだすアート」など、「生きることを支えるアート」を助成してまいります。

2015年度、一つ目のテーマは2014年に引き続き、東日本大震災被災地における「アートを通じたコミュニティの復興を応援」することです。震災から5年目、被災者の心と生活の復興の実現はまだ遠く、医療の現場で「生きることを支える」この基金の役割は大きいと認識しております。今後公募によって広くプロジェクトを募集いたします。その後も順次、新しいテーマを設定して助成を進めてまいります。

<2014年度のプロジェクト①>
「旅するアート」壁面アートプロジェクト

女子美術大学の鈴木理恵子准教授とその学生による「旅するアート」という展示企画を採択し、100万円の助成を行いました。その壁面アート展示が2015年3月18日に「うさぎさんのおうち」に寄贈されました。この企画は、障がいを持つ芸術家による季節の移り変わりを表現する4作品と外国の街をイメージさせる4作品をタペストリー状にプリントしたもので、子どもや動物などの追加パーツをマグネットで貼り付けることができる趣向が凝らされており、見る人自身が絵画の世界に一緒に入り込んで、空想の旅を楽しむことができます。

「うさぎさんのおうち」は、地方から難病治療のために上京するお子さんに付き添う家族が利用する滞在施設で、認定特定非営利活動法人ファミリーハウスが現在運営している12施設の一つです。「旅するアート」は、子どもの看病をする家族の気持ちを和らげ元気づけ、闘病する子どもの前向きな気持ちを支えるものとして、季節ごとにタペストリーが掛け替えられて戸内の廊下壁面を飾ります。

<2014年度のプロジェクト②>
南三陸・のぞみの森プロジェクト

南三陸町のぞみ福祉作業所拠点施設再建に向けてのグランドデザインを支援するもので、活動を主幹する特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパンに50万円の助成を行いました。地元の都市計画変更のあおりを受け拠点施設再建案が二転三転する中、本プロジェクトはメンバー、スタッフ、家族、支援者などが、施設再建に向けての想いをひとつにすることを手助けし、メンバーのアートの力を施設再建に生かす仕組みをつくることを目的としました。
2014年9月に「テクテクめぐる 縁がわアートin南三陸」に出展し、民家の縁側や神社などを会場に地域を散歩しながら楽しめる展覧会で、のぞみ福祉作業所の作品を地域で初めて紹介しました。11月には養蚕業の復活と雇用促進を目指す南三陸町にふさわしく、地元産の蚕から糸を挽き染色する活動にも挑戦。

2015年3月には手すき紙を使ったきりこ細工をデザインしたはがきや、作業所利用者の絵を配したカードなどを製作するNOZOMI PAPER FACTORYという新ブランドを立ち上げ、オープンイベントでは町内外からの訪問者と交流してのぞみ福祉作業所を広く発信しました。
未だ作業所再建の場所も移転時期もめどが立たない中、数々のアート活動によって「地域の役にたつ作業所でありたい」というモチベーションが高まり、作業所の製品売上が前年度の3倍以上となるなど、再建に向けて確実な前進を遂げました。

<寄付に対する手数料について>
パブリックリソース財団は寄付金額の15%を運営管理費として頂戴します。運営管理費は、継続的に活動を運営していくための大切な原資です。



活動レポート

レポートはありません

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 公益財団法人パブリックリソース財団
募集期間 2014/08/18
活動地域 日本全国

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.