オンライン寄付サイト Invest in the Future

岡山・日生の海に魚の住む“森”をつくろう!

岡山県備前市の日生湾。波の静かな湾内にたくさんの牡蠣養殖の筏(いかだ)が並びます。

岡山県備前市の日生湾。波の静かな湾内にたくさんの牡蠣養殖の筏(いかだ)が並びます。

  • 岡山県備前市の日生湾。波の静かな湾内にたくさんの牡蠣養殖の筏(いかだ)が並びます。
  • 冬は牡蠣の水揚げシーズン。B級グルメのカキオコで有名な日生では、連日地元のおばちゃんたちによる牡蠣むきが行われます。この漁獲量を支えるのがこのプロジェクトで再生を目指すアマモ場です。
  • 日生湾内に広がるアマモ場。昔は船のスクリューに絡まって進路を塞いでしまうため、駆除の対象になっていたそう。
  • 5月から6月にかけて、水面まで伸びたアマモを船上からすくい上げて種を採取します。地元の漁師さんたちが分担して作業を行っています。
  • アマモの種。採取した種は秋まで海中に吊るし、茎を腐らせて種だけ取り出します。
  • アマモの種まきの様子。取り出した種は秋口に海へまいていきます。
  • 種採りの最中にアマモのあいだから見つかったタコ。大事に卵を抱えていました。藻場は生き物の大事な住処となっています。
  • 日生町沿岸で獲れた様々な魚介類。アマモ場が広がるにつれ、より多くの魚が集まってくるようになったといいます。
  • ツボ網漁の名人・本田さん。海の変化に気づき、漁師仲間に呼びかけて20年前にアマモ場の再生活動を始めた日生漁協の前組合長です。(2011年11月に永眠されました)
  • アマモ場の再生活動に参加した学生たち。このパワーで豊かな海を未来につないでいけるように。

海を浄化し、小魚の住処となり、産卵場所となるアマモ場。岡山県・日生町では20年前から地元漁師によりアマモ場の再生活動が行われています。多様な生物がすみ、地元の人が安心して漁業を続けられる豊かな海を未来につないでいくために、この取り組みを若者や市民が参加する継続的な活動へと発展させていきます

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
 岡山県備前市の日生湾は、かつて一面をアマモという海草に覆われていました。アマモの群生する藻場は、魚が外敵から身を守る場所が多く、産卵場所や小魚の住処となり、海水や海底土質の浄化を行う役割も担っています。しかし沿岸の開発や埋め立てによる水質汚濁で、1940年代には560haあった日生の藻場が1985年にはわずか12haにまで減少しました。
 その中で、アマモ場の減少が魚の減少と関わりがあると考えた地元の漁師によって、25年前からアマモ場の再生活動が始まりました。しかし、その漁師たちも高齢化し、漁業の後継者も年々減少していることから、新たな活動の担い手が必要となっています。

【解決する方法】
 当NPOのネットワークを通して全国の高校生や大学生に参加を呼びかけ、地元漁師と共にアマモの種採りから種まきまでを行います。アマモ場の再生活動を行いつつ、藻場の重要性や漁業の現状を学ぶ環境学習を行うことで、継続的に活動支援を行う若者を増やします。あわせて、市民や子どもたち、企業や団体等の参加も募り、活動の輪を広げていきます。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
 藻場の再生により海底土壌や水質の浄化が進むとともに、エビ類等の小型生物が生息し、良好な餌場が形成されます。その餌を求めてクロダイやスズキが、産卵のためにマダイやサワラ、イカ類が入り込み、多様な魚介類が生息し、持続可能な漁業が営まれることが期待できます。 
 また、この活動を通して市民や子ども、企業や団体等、より多くの人が海に親しむ機会を設け、日生に頻繁に訪れるようになることにより、地域が活性化することも期待できます。

【メッセージ】
 日生は日本のどこよりも早く、20年前にアマモ場の再生活動をはじめました。地元の定置網漁師の想いから始まったこの活動を今後も継続して行っていくために、ご協力をお願いします。

【寄付によって達成できること】
1000円あれば、200平方メートルのアマモ場の再生活動を行うことができます。



活動レポート

レポートはありません
寄付の受付は終了しています
団体名 認定特定非営利活動法人共存の森ネットワーク
募集期間 2012/11/272012/12/26
活動地域 中国・四国
本年のオンラインでの寄付額 0

プロジェクト担当者

森山 紗也子 (事務局スタッフ)
農山漁村に関わる仕事がしたいとNPO法人共存の森ネットワークに就職。「聞き書き甲子園」を担当し、全国の「森・川・海の名人」と高校生の出会いをサポート。このプロジェクトでは、高校生だけでなく、より多くの若者や子供たちに日生の豊かな海と、熱い想いを持つ漁師たちに出会ってもらいたいと思っています。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.