オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

西淀川・公害と環境資料館 公害資料整理(ハモン基金)

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10265
団体名 あおぞら財団(公益財団法人公害地域再生センター)
内容 西淀川公害に関する資料の整理のための資金です。住民による公害解決方法を学べるように整理していきます。
受付 1,000円 ~ (2012/06/06
活動地域 東海・近畿

 大阪市西淀川区では工場排煙と自動車排ガスによる複合大気汚染公害が起きていました。1978(昭和53)年、住民は企業10社及び国、阪神高速道路公団に対して損害賠償と汚染物質の排出差し止めを求めた裁判を起こしました。原告勝訴となり、複数企業の共同責任、自動車公害に対する国・公団の責任が認められました。

 西淀川・公害と環境資料館(愛称:エコミューズ)は、あおぞら財団が10年以上かけて収集・整理してきた西淀川公害に関する記録や、まちづくり・環境学習に関する資料などを、次世代に引き継ぎ広く活用していこうと、2006年3月に開館しました。エコミューズでは、環境団体のニュースやチラシ、活動報告書、会議資料、裁判所に提出した証拠書類、弁護士が集めた資料、患者の生活記録など、他にはない公害の記録を当時の原資料のまま収集・整理し、研究者・学生や環境政策に携わる方など多くの人の利用に供しています。
 2012年度は「西淀川公害患者と家族の会資料」を整理します。西淀川公害患者と家族の会は日本の公害反対運動の中でも顕著な実績をあげた患者会と言われており、健康被害の損害賠償にとどまらず地域再生を目指して活動しました。この患者会の資料を整理して、多くの人に伝えていくことは、公害の予防につながり、海外への市民活動の支援になります。また、公害の被害に会った人たちへの道しるべにもなります。

 Hamon(ハモン)基金は、エコミューズの活動を継続的かつ発展的に進めていくための活動資金です。貴重な資料を次世代に引き継ぎ、より多くの人達に資料を利用してただき、環境再生を実現させるためのご協力をよろしくお願いいたします。

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

レポートはありません

プロジェクト総予算

800,000

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプについてはこちら


プロジェクトの焦点
・地域社会や家族といった個人を支える環境や仕組みの再構築・向上など
・市民社会の強化・改善
対象とする直接の受益者
・直接の受益者は限られているが、事業・サービス・政策等のイノベーションを意図している
社会に与える変化
・問題を広く人々に認識してもらうことを目指している。
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.