オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

LIFE冬募金~ひとりの笑顔からみんなの笑顔~

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10254
団体名 特定非営利活動法人地球の友と歩む会(LIFE)
内容 村人が主役の環境保全と生活改善を図るための植林事業
受付 1,000円 ~ (2011/12/052012/03/31
活動地域 アジア

 インド・タミルナンドゥ州ニライコタイ郡は、以前は緑が豊かな土地でした。しかし、温暖化の影響や、土壌のことを考えずに取り入れてしまった農薬・水を大量に必要とする農法のために土壌が痛み、森林面積は、20年前の20%になってしまいました。森林が減ったため土壌の保水能力が低下し、雨が降っても水は養分を含んだ土と共に流れ出て行き、地下水の水位も下がり農業ができにくくなってきています。

 そんな中、村に緑を取り戻し、人々が農業を通して豊かな暮らしを営める環境を取り戻そうと人々が立ち上がりました。現地NGO、CIRHEP(The Center for Improved Rural Health and Environmental Protection)のスタッフです。
 CIRHEPではこれまでに、貴重な雨季の雨水を有効活用する流水域開発や土壌侵食防ぐなど、治水能力の回復に努めてきました。そして現在は、子どもたちへの環境教育や有機農法を中心とする持続可能な農法の普及にも努めています。
 この活動を通して、自分たちの土地を守る重要性も学んできました。次第に農業の出来る環境を取り戻し、農業を辞め町へ出稼ぎに行っていた人々も村へ戻り始めています。この活動をより持続可能で確実なものにするには、植林事業は欠かせません。

 地球の友と歩む会/LIFEは、CIRHEPと協働し、ニライコタイ郡内7カ村の5,900人の住民を通じて、環境保全と生活改善を図るための植林事業を進めています。2010年度は村人たちが主役となり、35,000本の苗木を植林しました。学校の協力も得て、学校の敷地内や生徒のコミュニティーでも植林をおこないました。学校での植林活動は環境教育にもなり、とても意義のあるものとなりました。
 しかし森林面積が20年前の20%にまで落ち込んだ同地では今後も継続して植林を行っていく必要があります。2年目である2011年度は46,000本の苗木の植林を行っていきます。

 植林をすることによって、治水能力を高め農業ができる環境ができます。出稼ぎにでる必要がなくなり、家族が共に生活をすることができます。また治水能力が高まると井戸水の水位も上昇し、飲料水や生活用水を確保することができます。将来的には森林により生態系が回復され、多くの生物が住み、そこから果樹を得られたり、薪の採取が可能となり、生活改善につながっていきます。

 1,000円で、農業ができる土地、地下水を溜めるための苗木を10本、果樹の場合3本を植え、育てることができます。失われた森を取り戻し、人と自然の共存を目指した植林活動へのみなさまのあたたかいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

寄付の受付は終了しています



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

レポートはありません

プロジェクト総予算

100万

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプについてはこちら


プロジェクトの焦点
・個人の生活の質の再構築・向上
・地域社会や家族といった個人を支える環境や仕組みの再構築・向上など
対象とする直接の受益者
・プログラムは、広く浅くであれ、なるべく多くの人(組織、地域等)に直接成果がもたらされることを意図している
社会に与える変化
・問題の解決・解消に結びつくことを目指している。
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.