オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

タイ洪水被害緊急支援

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10241
団体名 認定特定非営利活動法人アムダ(AMDA)
内容 タイ洪水被災者への緊急支援活動を始めました
受付 1,000円 ~ (2011/10/212012/08/30
活動地域 アジア
AMDAで用意したライフジャケット
AMDAで用意したライフジャケット

 AMDA本部では、タイで深刻化している洪水被害に対する緊急支援活動に、日本から医療チームを派遣することを決定しました。すでに、保健師(看護師)や医師など計3名を派遣しました。
 タイでは7月末からのモンスーンと相次いで通過した台風による豪雨に見舞われ、北部から始まった洪水が中部を経て、バンコク周辺に達しています。アユタヤ県のロジャナ工業団地では日本企業の自動車工場も操業停止に追い込まれ、生産に大きな影響がでる模様です。また、世界遺産に登録されている古都アユタヤの遺跡も3m程の水位で水没しました。

■タイの協力者とAMDAの相互扶助
 2011年10月12日現在、バンコクジェネラルホスピタルのDr. パイロート・クルエガンチャナーが厚生省の医療チームの一員として、ナコンサワン(バンコクから北へ約240km)で医療支援活動を行っています。
 在タイ日本人が多く利用するバンコクジュネラルホスピタルのクルエガンチャナー医師と2人の看護師は、東日本大震災への医療支援を希望し、AMDAで3月31日からタイチームを岩手県大槌町大槌高校避難所に受け入れました。AMDAでは今回のタイの洪水被害に対して、相互扶助の実現として日本からの医療チームを派遣するものです。
 タイ政府によると、未だ避難所に避難できていない被災者の救援が最優先事項で、現時点で救援のためのライフジャケット3万着およびボート9000台が不足しているとのことです。なお、ライフジャケットは被災者のみに限らず支援従事者の分も不足しています。タイでは生産されていないライフジャケットをAMDA本部では250枚購入し緊急輸送しました。また、家庭用医薬品なども提供します。
 こうした活動のための寄付を、ぜひお願い致します。

寄付の受付は終了しています



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

レポートはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.