オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

エイブル・アート・アワードで障害のある人のアート支援を!

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10230
団体名 特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン
内容 障害のある人のアートに特化した、日本で唯一の助成金制度です。社会にインパクトを与える作家の個展開催をご支援ください。
受付 1,000円 ~ (2011/08/182013/07/31
活動地域 日本全国

 エイブル・アート・ジャパンは、障害者の生み出す作品をアートとして評価したり、創作環境を整えることを目的とした非営利組織です。これまで、障害の種別や有無をこえた芸術文化活動の活性化や、障害のある人の作品を発表したり販売したりする環境の整備など、様々な先駆的取り組みに尽力してきました。

 障害のある人の美術作品を専門に販売する日本で唯一のギャラリーや、全国の福祉施設で生まれたアートグッズのセレクトショップも運営しています。
 障害のある人たちの多くは、これまでさまざまな表現の機会が制約されてきました。誰もが自由に、多様な表現手段を得ることができることは、社会の豊かさの象徴であると言えます。
 一方、障害のある人たちの表現は既存の芸術の概念を揺さぶる力があるものも少なくありません。このように、障害のある人たちのアートをより豊かにすることは、芸術そのものや社会を豊かにすることにもつながるのです。
 障害のある人の芸術活動を制作面、発表面からさらに支援するために、エイブル・アート・ジャパンでは、彼らの芸術活動を支援するための助成金事業、「エイブル・アート・アワード」プロジェクトを1998年から実施しています。
 この10余年の活動を通して発掘された作家を中心に、公立美術館での企画展の開催につながるなど、アーティストとしての登竜門的な役割を果たしています。また、ここから紹介される作品の多様さは、ステレオタイプなイメージがつきやすい「障害者芸術」や「アウトサイダーアート」の概念を常に揺さぶっています。

<エイブル・アート・アワードの内容>
 障害のある表現者に対し、以下の支援を行います。
 「展覧会支援」:芸術性の高い作家の個展(またはグループ展)の開催を支援し、作家としてのデビューの機会を創出(銀座と外神田のギャラリー2ヶ所で個展を企画・制作します)
 障害のある人の芸術活動は、資金不足や作品を評価する仕組みの不足、作品の発表の場が少ないことが大きな課題です。
 全国を対象とした、障害のある人のアートに特化した助成事業は「エイブル・アート・アワード」以外にありません。個性豊かな作家の発掘と社会にインパクトを与える作品の個展開催を是非ともご支援ください。

寄付の受付は終了しています



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

レポートはありません

プロジェクト総予算

100万

googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.