オンライン寄付サイト Invest in the Future

クマと人とが共存するために:トラブル防止プロジェクト

クマの農地出没を防ぐため,藪を刈り払い見通しをよくしました

クマの農地出没を防ぐため,藪を刈り払い見通しをよくしました

  • クマの農地出没を防ぐため,藪を刈り払い見通しをよくしました
  • クマの集落への出没を防ぐため柿もぎをしました
  • クマの農地侵入を防ぐため,電気柵を設置しました
  • トランクキットを用いた子供向けプログラムを行いました
  • トランクキットを用いて小学生向けプログラムをおこないました
  • 岩手でもクマの集落への出没を防ぐため柿もぎをしました
  • クマの出没する集落の方にクマの生態についてレクチャーしました
  • デントコーン畑への侵入を防ぐため草刈りと電気柵設置をしました
  • デントコーン畑への侵入を防ぐため草刈りをしました

ヒグマやツキノワグマが人里に出没し,農作物を荒らしたり,人を傷つけたりすることが,クマと人とが共存するためのおおきな障害となっています。共存の実現には,まずは必要な行動を起こすことが重要です。このプロジェクトでは,地域の実情に合わせたトラブル防止対策を地域の住民たちとともに実施することにより,トラブルを減らし,さらには未然に防止できるようにすることを目標としています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
日本には,ヒグマとツキノワグマという2種類のクマが広い範囲に生息しています。ほとんどの先進国がクマを絶滅させたり,減少させたりしてきたのに対し,日本には今でも多くのクマが生息していることは誇るべきことです。しかしこのことは,狭い国土に多くの人間とクマがともに暮らしていることを意味しています。クマと人が接する場所では,クマによる集落への出没,農作物への食害,人身事故,または人身事故に対する精神的被害(恐怖感・不安感)などが発生しており,クマと人との共存のための大きな障害となっています。農作物への被害は年間1億円以上,人が襲われたりする事故が多い年には年間100件以上発生しています。このため,毎年約2,000頭のクマが捕獲されて殺されています。

【解決する方法】
クマの生活を守り,かつクマが人間の生活を脅かさないようにする仕組みが機能していれば,クマを殺す数を減らすことができます。我々の団体では,全国的な規模で,行政や地域によるクマの保護管理施策を側面から支援することで,クマと人とのトラブルを減らし,共存することを目指しています。
 そのためのまず第一歩として,トラブルが発生している地域において,地域住民とともにこのトラブルを防ぐための活動を実施します。具体的には,地域の特性に合わせて,農作物への被害や人里付近への出没を減らすため対策(電気柵や爆音機の設置など)の補助,人が襲われる事故を減らすための普及活動などを行います。また同時に,トラブルが発生する原因についても,クマの正しい姿を知ってもらうための“クマの学習トランクキット”を用いて学び考える機会を提供します。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
このプロジェクトを通じて,クマによるトラブルを防止するための方法を学ぶとともに,その背景についても理解できるようになることが期待されます。特に地域住民と一緒にクマ対策を考えるプロセスを踏むことで,その地域が自分たちの手でクマ対策を講じていけるように配慮します。こうした取り組みが各地に普及することで,クマと人とのトラブルが減少し,共存のための道筋が開かれることが期待されます。

【寄付によって達成できること】
 ご寄付が10万円集まるごとに,1地域分のプロジェクトが実現します。

今年度のプロジェクト予算額100,000


活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 日本クマネットワーク(JBN)
募集期間 2010/07/03
活動地域 北海道・東北
関東
甲信越・北陸
東海・近畿
中国・四国

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.