オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

動物も人間も集う町田の里山づくり

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10133
団体名 特定非営利活動法人樹木・環境ネットワーク協会
内容 長い間放置され荒れてしまった町田市の里山を再生し、人も動物も集える健全な里山づくり・森づくりを推進します
受付 1,000円 ~ (2010/06/03
活動地域 関東

【里山は適切に手をいれないと荒れてしまいます】
もともと日本は豊かな森林資源を持つ国でした。ところが、近年、荒れた森や里山、雑木林が驚くほど増大しています。以前は手をいれてもらえていた里山や森が、次第に放置されるようになったためです。荒れた状態を放置し手遅れになってしまう前に森を再生することは、森林資源の上からも、また生態系の上からも大切なことです。

【東京都町田市の約10haの森】
町田市にある、かつて里山として利用されていた約10haの森は、長い間放置され、林床に光が入らず、木が健全な状態ではなくなり、限られた生き物しか住むことができない森でした。樹木・環境ネットワーク協会ではこれまで、10ha中2haを健全な森に再生してきましたが、残り約8haのエリアの森づくりはこれからです。

健全な森や里山を取り戻すには、息の長い、科学的な取り組みが必要になります。まずは、様々な木が健全に育ち、本来その地域にいるべきたくさんの生き物(動物、昆虫、草花、土壌生物等)が共存することができる、適切な森林密度を測定します。それに基づき管理計画を作成し、管理活動(間伐や植樹等)を行います。間伐した材は有効利用を図るために加工し、ベンチや木柵として利用します。さらに、子どもたちの体験学習、大人を対象とした自然観察会や里山体験、保全活動のボランティアや講習会などを開催することで、「森づくり」と共に、自然環境に興味をもつ「人づくり」の活動も推進していきます。

【2400本の木が健全に生育する森にするために】
本プロジェクトの対象地である8haの森は、クヌギ・コナラを中心とする高木エリアです。現在は約3600本の木が生育しているため、過密状態にあります。1200本の木を間伐し、2400本の木が健全に生育する森を作る計画です。

2400本の木を整備して、健全な森に再生するために、1本あたりに約10,000円の整備費がかかります。20年生のクヌギ2400本が健全な状態になると、約614tのCO2を吸収する見込みがあります。未来への贈り物として、皆様のご協力をお願いいたします。

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

プロジェクト総予算

24,000,000

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプについてはこちら


プロジェクトの焦点
・地域社会や家族といった個人を支える環境や仕組みの再構築・向上など
・個人や地域社会に対するサービス提供の担い手となる拠点・組織の形成や強化
対象とする直接の受益者
・プログラムは、広く浅くであれ、なるべく多くの人(組織、地域等)に直接成果がもたらされることを意図している
社会に与える変化
・問題の解決・解消に結びつくことを目指している。
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.