オンライン寄付サイト Invest in the Future

寄付申込(プロジェクト情報)

余った食品の活用で、生活弱者を支援します

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10059
団体名 認定特定非営利活動法人フードバンク関西
内容 余った食品を分配することで、福祉の向上と食品の有効活用を図ります
受付 1,000円 ~ (2009/06/12
活動地域 東海・近畿

フードバンク関西は、包装破損、納期限遅れ、規格外等の理由で商品としては扱えなくても、食品としては安全でおいしい食べ物を、食品関連企業から無償で譲り受け、それらを関西地域の生活弱者を支援する福祉施設に無償分配しています。生活弱者の皆さんの食生活を豊かにし、福祉団体の運営を支援し、さらに食品の廃棄量を減らして環境保全にも貢献しています。

活動は、芦屋市に事務所兼倉庫を構え、約40人の無償ボランティアが交代で、日曜日と休日を除く毎日、個人所有の車両を使用し、食品の回収と管理、仕分け、福祉団体への搬送、無償分配の作業にあたっています。
食品の搬送先は、児童養護施設、障害者通所作業所、地域自立支援センター、共同生活ホーム等の障害者施設、母子緊急生活支援施設やDVシェルター、在宅老人支援施設、ホームレスの就労支援や炊き出しをする団体などです。特に子供達の施設や、自立をめざしてがんばっている母子家庭の皆さんへの支援に力を入れています。

フードバンク関西からの食品を活用して下さる施設の皆さんからは、扱う食品の種類が多くなり食事の質や量が向上している事、食生活に喜びを感じ、健康を取り戻すことができた事、また多くの人の支えを受けていることを実感し、社会からの孤立感や疎外感から解放されることで生活自立のための意欲が増進した等の嬉しい報告がたくさん届いています。どんな困難な環境にあっても、食べることは一時の幸せなのです。
一方で、企業の皆さんにとっては、精魂こめて生産した食品を捨てずに食べ物として活かす事で、「もったいない」という心苦しい思いから解放されます。
そして企業の皆さん、福祉団体利用者、ボランティア、そして支援者との間に新しい交流が生まれ、互いの理解が深まり、ともに手を携える市民としての自覚が生まれます。


このプロジェクトを運営するには、運送費、保管費その他の経費を寄附で賄っています。活動の発展に伴って運営費は拡大し、およそ年間500万円にのぼります。当法人はこの事業に寄附をお寄せ下さる皆様に感謝の気持ちを表すべく、認定NPO法人格を国税庁より取得しました。当法人への寄付は、寄附金控除として所得控除の対象となり、所得税の節約をしていただく事が出来ます。
食事をする喜び、社会から支えられているという実感、そして生活自立のための意欲を、支援を必要とする多くの人々に感じてもらうために、また皆で支え合う社会の実現のために本プロジェクトの運営費へのご支援、ご協力をお願いします。

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月



※1 最低寄付受付金額は1,000円です。

※2 今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定ください。
  (継続寄付の説明はこちらへ)


活動レポート

プロジェクト総予算

500万

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプについてはこちら


プロジェクトの焦点
・地域社会や家族といった個人を支える環境や仕組みの再構築・向上など
・社会的排除の解消
対象とする直接の受益者
社会に与える変化
・問題の解決・解消に結びつくことを目指している。
寄付者メッセージ
☆応援してます。がんばってください^^
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.