オンライン寄付サイト Invest in the Future

スマイル・ガーナ プロジェクト

ガーナ・カカオ生産地の子どもが危険な労働から守られ、学校に通うことができるよう、ご支援をお願いします。

チョコレートに欠かせないカカオ豆。 日本はカカオ豆の約70%をアフリカのガーナから輸入しています。ガーナのカカオ生産は小規模農家によって支えられていますが、十分な収入を得られないため、学校に通えず農園で働く子どもたちもいます。
ACEが2008年に行ったガーナでの現地調査では、子どもがカカオ作りのすべての工程に関わり、草刈りや収穫などのナタを使った作業や、重さ20kgを超えるカカオ豆を頭に乗せて長い距離を運んだり、農薬を扱うなど、危険で体に負担のかかる労働をしていることがわかりました。
小学校では、教室が足りないため、6年生が炎天下で授業を受けていました。机やイスが足りないなど、学校の設備も不十分であることがわかりました。村にはくみ上げ式の井戸が1つあるだけで、濁った水も枯渇状態。調査を進める中で、さまざまな問題を抱えていることが分かりました。

■このような状況を改善するため、ACEは、ガーナのカカオ生産地の村で、子どもを危険な労働から守り、就学・通学を支援するプロジェクトを2009年2月から行っています。
プロジェクトを実施するのは、ガーナ中西部のアシャンティ州。首都アクラに次ぐ第2の都市クマシから車で約3時間のところにクワベナアクワ村は位置しています。周辺の集落をあわせて、約600人が暮らし、全ての世帯がカカオ生産に従事しています。

■正式なプロジェクト名は「持続可能な農園経営と教育を通じた児童労働撤廃プロジェクト」。英語のプロジェクト名の頭文字を組み合わせると「SMILE」になるので、スマイル・ガーナプロジェクトと名付けました。
プロジェクトでは、現地のNGOと協力して、以下の活動を行います。
・子どもの危険労働を防止し、就学を進めるための啓発活動やモニタリング活動
・学校環境の改善のための取り組み(親、教員、子どもたちによる話し合いと改善活動)
・子どもの参加を促進するための子ども権利クラブの活動
・お母さんを対象にした子どもの栄養改善トレーニング
・農家を対象にカカオ栽培の技術向上のためのトレーニング
プロジェクトは3年間の計画で活動を進めており、1年目はまず、子どもを危険な労働から守り、就学を徹底させることに力を入れます。

■プロジェクトを実施するためには、ワークショップや会議の開催費用、トレーニングを行う専門家への謝金や交通費、その他運営費などが必要です。

■クワベナアクワ村に住む子どもたちが危険な労働から守られ、学校に行けるようになり、農薬に頼らない、環境にもやさしい農法を実施することにより、カカオ農家の収入の向上を図ることができるよう、みなさまのご協力をお願いします。

今年度のプロジェクト予算額100万


活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人ACE
募集期間 2009/06/09
活動地域 アフリカ

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.