オンライン寄付サイト Invest in the Future

ガザ緊急支援募金

2012年11月の空爆後、その様子を語る母親。

2012年11月の空爆後、その様子を語る母親。

  • 2012年11月の空爆後、その様子を語る母親。
  • 2012年11月、大規模な空爆で破壊された学校。
  • 空爆時の様子を描くナワール児童館の子ども。この子たちの安否も心配だ。

2014年度の大規模な空爆では、多くの市民が犠牲になりました。封鎖されたガザで、医療や食糧を支援するための支援を行っています。

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
2009年、2012年に続いて、2014年7月~8月にも、パレスチナ・ガザは大規模な軍事侵攻を受けました。170万人が住むガザは周囲を封鎖され、人も物も出入りが厳しく制限されています。停電と断水が続き、今も医薬品も不足するなか、多くの家族が安全な居場所を求めていますが、ガザ中が空爆されている中で、どこにも安全な場所はありません。2014年の軍事侵攻では2,251人が犠牲になり、そのうち551人が子どもでした。負傷者は11,000人以上におよびました。

【解決する方法】
この人道的な危機に対して、可能な限りの支援を進めたいと思います。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
ガザの人口の半数は15歳以下の子どもたちです。子どもたちの身体的精神的なケアが、中東の平和を作り出す大きな基盤となります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
当会のブログとFacebookで現地の市民の声を逐次更新しています。


【寄付によって達成できること】
・5000円で1家族10人の1週間分の質素な食糧が買えます。
・1000円で1家族10人の1週間分の飲料水が買えます(水道水は飲めないから)



活動レポート

(最低寄付受付金額は1,000円です。)

寄付回数 今回の寄付金額
「6ヶ月ごと」「毎年」の場合の次回希望決済月

継続寄付を希望される場合は、『寄付回数』で「毎月」「6ヶ月ごと」「毎年」のいずれかをお選びください。(クレジットカードのみ)

※継続寄付は、今回が初回決済となりますので、二回目以降の決済月をご指定下さい。

団体名 認定特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
募集期間 2014/07/17
活動地域 ヨーロッパ

プロジェクト担当者

中村哲也
当会はガザ地区でろう学校、児童館、種子や苗作り、農業人材育成など様々な分野で地元の人たちと活動をしてきました。培ってきた経験やネットワークを活かし、迅速に必要とされる緊急支援を実施します。ご支援よろしくお願いします。

プロジェクトタイプ

プロジェクトタイプとは?

プロジェクトの発展段階は?
  • 施行の段階
  • 実行・確立段階
  • 定着・普及段階
プロジェクトの焦点は?
  • 特定の個人
  • 環境や仕組み
  • 拠点や組織
  • 市民社会の強化・改善
  • 社会的排除の解消
  • その他(
だれにどのような影響を与える?
  • 広く浅く、多くの人に直接効果を
  • ひとりひとりに深い影響を
  • 事業・サービス・政策等のイノベーション
  • その他()
社会に与える変化は?
  • 問題の悪化を防ぐ
  • 問題の解決
  • 問題を人々に認識してもらう
  • その他()

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.