オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

認定特定非営利活動法人緑の地球ネットワーク

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=401

団体情報

地球上で最大面積を占める中国は、目覚ましい経済発展とともに環境悪化が深刻です。大同市は砂漠化と水不足が進行しています。92年から砂漠化地域での植林に取り組んでいます。日本の専門家も参加して日中双方の協力で少しずつ緑を復活しています。
所在地 〒552-0012 大阪府大阪市港区市岡1-5-24 小来田ビル303号
TEL 06-6576-6181
FAX 06-6576-6182
E-mail gentree@s4.dion.ne.jp
ホームページ http://gen-tree.org/
活動開始日 1992年1月
代表者 前中 久行
事業対象分野 中国山西省大同市での植林、ワーキングツアー派遣、専門家調査、講演会開催、会報・資料発行
組織の目的 地球上の各地で水土流失や砂漠化が深刻化する中、そこで暮らす人びとの森林を取り戻す努力に協力し、あわせて自分たちの生活の場でも緑を守り、緑とともに生きるよう努めます。  具体的には中国山西省大同市の砂漠化が進行する黄土高原での植林事業を取り組んでいます。  隣国中国の環境問題は深刻です。砂漠化もその一つです。日本の総面積の約1、4倍の広がりを持つ黄土高原、そのもっとも西に位置する大同市は首都北京から約300キロメートルの距離です。  砂漠化は西から迫っていて、この地の農業や人々の暮らしをおびやかしています。中国での最貧困地域のひとつです。経済発展する北京や上海との格差はますますひろがっています。  毎年春から秋まで日本から次々にワーキングツアーが当地を訪問します。20年間で総数は3300人を超えました。この地に暮らす人々とともに植林作業に汗を流しながら交流を深めています。日本の専門家も多数この地を訪れ、指導・助言・交流は当地の植林技術向上等に貢献しています。
主な事業 1)中国山西省大同市において緑化プロジェクトを建設(これまでに1809万本、5640ha):日本から専門家を派遣し、技術改善・人材育成に協力。そのための拠点3か所を建設 2)同地域にワーキングツアーを派遣、企業等のツアーを受け入れる(年間合計250名前後) 3)同地域の地震被災地などで小学校の校舎債権、水の涸れた村での井戸掘りの協力 4)日本国内で地球環境保護にかかわる講演会、セミナー、自然と親しむ会などを開催 5)行政、企業などの主催するセミナーなどに講師を派遣(年間40回程度) 6)JICAなどと協力して、中国でのセミナーなどへ講師派遣、研修資料の発行
スタッフ 有給専従スタッフ3名
会員制度 正会員 558名
家族会員 32名
学生会員 34名
ジュニア会員 6名
財政(2017年度) 総収入 64,523,928円
総支出 56,570,276円
財源内訳 入会金・会費収入: 8.50%
個人寄付金収入: 67.7%
事業収入: 10.3%
助成金収入: 13.4%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.