オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=21

団体情報

RoboCupは1995年に日本の研究者が中心になり構想を発表したプロジェクトです。現在、世界各国から3,000人以上の研究者や学生が参加。世界大会のみならず、国際学術会議の開催、教育プログラム、技術情報の公開を行っています。ロボカップ日本委員会は、RoboCupの日本での活動をとりまとめる委員会です。
所在地 〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-20-1 インターGビル内
TEL 06-6376‐2963
FAX 06‐6372‐5025
E-mail office@robocup.or.jp
ホームページ http://www.robocup.or.jp
活動開始日 1999年12月
代表者 松原 仁
事業対象分野 ロボット工学と人工知能の融合・発展、テクノロジーの実用的な応用・波及、科学教育の振興
組織の目的 RoboCupは、ロボット工学と人工知能の融合、発展のために自律移動ロボットによるサッカーを題材として日本の研究者らによって提唱されました。現在では、サッカーだけでなく、大規模災害へのロボットの応用としてロボカップ・レスキュー、次世代の技術の担い手を育てるロボカップ・ジュニアなどの活動が行われています。  RoboCupは、スイス・ベルンに登記されたNPO (非営利活動法人)ロボカップ国際委員会(The RoboCup Federation)を中心に、ドイツ、アメリカ、日本などに地域の活動を取りまとめる国内委員会が設置され、それぞれ、学会、産業界、政府との連携をとりながら、研究開発を推進しています。ロボカップ日本委員会は、RoboCupの日本での活動をとりまとめる委員会です。
主な事業 ロボカップジャパンオープンの開催 ロボカップジュニアの普及活動(体験教室、フォローアップ教室等) 研究を目的とするキャンプの開催 ヒューマノイド型ロボットの調査研究 ロボットサッカープロジェクト ロボカップジュニアプロジェクト ロボカップレスキュープロジェクト
スタッフ 有給専従 なし
有給非専従 なし
無給専従 2名
会員制度 正会員(個人) 128名
正会員(団体) 1団体
学生会員 439名
財政(2016年度) 総収入 3,838,471円
総支出 4,009,135円
財源内訳 入会金・会費収入: 7.30%
個人寄付金収入: 0.4%
事業収入: 91.2%
その他経常収入: 1.1%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.