オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

特定非営利活動法人チャリティーサンタ

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10205

団体情報

クリスマスという社会的認知度が高く、経済的格差が現れやすい行事を通し、個人や企業が手を取り合い、社会全体で「子ども」を支え合う、そんな気運を醸成していくことを目指す団体。合言葉は「あなたも誰かのサンタクロース。」
所在地 〒102-0084 東京都千代田区二番町2番平田ビル1階
TEL 03-4571-0018
FAX
E-mail info@charity-santa.com
ホームページ https://www.charity-santa.com/
活動開始日 2008年9月
代表者 清輔 夏輝
事業対象分野 子どもの貧困(虐待、家庭を奪われた子どもの保護、教育を 受ける権利等)に取り組む団体
組織の目的 この法人は、子どもたちが笑顔になれる社会づくりを目指し、すべての子どもと大人に対して、チャリティーイベントに関する企画運営、感動体験の提供、社会参画の機会の提供、人材育成、子どもに関する調査研究等の事業を行い、広く社会に寄与することを目的とする。(定款より)
主な事業 NPO法人チャリティーサンタは、クリスマス・イブの夜にサンタクロースが各家庭を訪問し、一人一人を励まし、プレゼントを手渡すサンタ活動を2008年から行う。そして、集まったチャリティー金で厳しい環境の下にいる子どもたちに、クリスマスプレゼントやサンタクロースからの手紙を届ける。
2018年現在、25都道府県34支部に広がり、延べ1万人以上の大人がサンタになり、2万人を超える子どもに届けてきた。(2018年末には3万人に達する見込み)
上記(3. 団体が取り組んでいる社会課題)にも記載している通り、当団体の調査によりクリスマスにも格差があることがわかり、体験や思い出が不足していることが明らかになった。
そんな経済的困難な家庭の子ども(※)とその家族に心に残る思い出を提供することで、子どもたちの自己肯定感の醸成に寄与することを目指す。
「クリスマスイブ」という社会的認知度が高く、経済的格差が現れやすい行事を題材とすることで、企業などの社会的資源を持つ存在が参画しやすい仕組みをつくり、社会全体で「経済的困難」への理解を深め、支え合う気運を醸成する仕組みをつくる。
※経済的困難だけではなく、広くクリスマス時期に困難な状況(経済的理由、病気・入院、親子が死別、災害被害などでクリスマスをお祝いするのが大変な家庭など)にいる子どもを対象とする。
スタッフ 有給専従スタッフ:1名
有給非専従スタッフ:3名
無給専従スタッフ:約450名、その他(業務委託:5名)
会員制度 正会員:20名
賛助会員:75 名
財政(2017年度) 総収入 23,426,183円
総支出 24,633,828円 
財源内訳 入会金・会費収入: 1.90%
個人寄付金収入: 41.6%
事業収入: 28.9%
助成金収入: 22.3%
補助金収入: 2.3%
その他経常収入: 2.7%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.