オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10196

団体情報

PLASはエイズ孤児に特化した日本初のNGOとして学生7名が立ち上げ、ケニアとウガンダ4つの地域で活動を展開。これまで学校建設やエイズ啓発活動を通して1,370名の子供達、27,000名の地域住民に支援を届けてきました。
所在地 〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
TEL 03-6803-0791
FAX
E-mail info@plas-aids.org
ホームページ https://www.plas-aids.org/
活動開始日 2005年12月
代表者 門田 瑠衣子
事業対象分野 エイズ孤児を抱えるシングルマザー家庭の支援(生計向上支援、カウンセリング・キャリアプランニング支援、地域環境保全、現地NGO能力強化)
組織の目的 [HIV/エイズに影響を受ける子ども達が未来を切り拓ける社会を実現する」ために活動しています。エイズによる親の死、家庭の貧困、周囲からの差別・偏見などに制限されることなく、自身の人生を切り拓いていける社会を実現するため、現地パートナーNGOと協働でエイズに影響を受ける子ども達の支援活動を展開しています。
主な事業 生計向上支援 HIV陽性のシングルマザーにスモールビジネス(カフェ運営、野菜の栽培・販売、養鶏)の開始・運営を支援。仕事をするための研修提供から初期費用の支援、継続したアドバイスや学習機会の提供を行っています。カフェ事業はHIV陽性シングルマザ-12家庭を支援、今期は新たに3つの村に展開。野菜販売には40家庭が、養鶏には14家庭が参加。いずれもシングルマザー達が一定の金額の出資を担い、自身のビジネスとしてのオーナーシーップを醸成しています。 カウンセリング支援 活動国では子ども達が自ら将来を考え計画する「キャリア教育」は限定的です。また中等教育を中退した際、卒業後の計画を考える機会がありません。一方で保護者は子どもの発達や教育に必要な役割を知る機会がない為、子どもへの働きかけができずにいます。事業では地域にカウンセラーを育成することから始め、カウンセラーは各家庭を回り、子どもにはキャリア発達を促すカウンセリグを、保護者には子どもの発達や進学、家計管理に関するカウンセリングを提供。また、職業人からキャリアパスの話を聞くキャリアートークやワークショップ等を実施しています。30家庭が参加。
スタッフ 有給専従スタッフ:4名
有給非専従スタッフ:1名
無給専従スタッフ(インターン・ボランティア):15名
会員制度 正会員:13名
マンスリーサポーター:190名
財政(2017年度) 総収入 17,334,425円
総支出 18,607,419円
財源内訳 入会金・会費収入: 0.30%
個人寄付金収入: 90.2%
事業収入: 2.3%
助成金収入: 7.2%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.