オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

認定特定非営利活動法人フードバンク山梨

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10141

団体情報

賞味期限内の食品で、まだ食べられるのにも関わらず、印字ミズや箱が壊れたりして販売できない食品を、企業や市民に寄贈していただき生活困窮者や児童養護施設などの福祉施設に無償で提供しています。
所在地 〒400-0214 山梨県南アルプス市百々3697-2
TEL 055-298-4844
FAX 055-298-4885
E-mail info@fbyama.com
ホームページ http://www.fbyama.com
活動開始日 2008年10月
代表者 米山惠子
事業対象分野 こども・青少年
組織の目的 市場に出すことができなくても、消費するには十分に安全な規格外食品を企業や農家等から提供してもらい、必要としている福祉施設や生活困窮者に届けるフードバンクシステムを構築するとともに、社会の食品ロスの削減に向けた意識の醸成を図ります。さらに、生活困窮者への食糧支援を通して、だれもが食を分かちあい心豊かに暮らしていける社会を創ることを目的としています。
主な事業 自給率40%と、先進国の中でも低い数値である日本で、食糧廃棄量は年間2,200万トン、食品として十分食べられるものまで廃棄されている現状です。
当団体は、そのような現実に目を向け、賞味期限内の食品で、印字ミスや箱・包材の破損等で販売できない品物を、企業、農家、個人宅などから寄贈してもらい、食品を必要としている生活困窮者(ひとり親家庭、失業者、外国人労働者、路上生活者)、児童養護施設、障害者施設などに無償で提供しています。食品は提携企業へ引取りに出向くほか、事務所では常時個人からの寄贈を受け付けています。
また、行政や社会福祉協議会等、46の機関・団体と連携し、貧困家庭に食糧支援を実施する「食のセーフティネット事業」を全国のフードバンクで初めて実施しています。
さらに食糧支援だけでなく、専任の相談員が、食のセーフティネット事業利用者や連携機関が把握している生活困窮者を対象にして、生活相談、就労相談、家計相談を行なっています。
スタッフ 有給専従スタッフ:8名
有給非専従スタッフ:6名
無給専従スタッフ:1名
会員制度 正会員:53名、13団体
賛助会員:59名、24団体
財政(2015年度) 総収入 67,109,509円
総支出 51,959,168円
財源内訳 入会金・会費収入: 5.20%
個人寄付金収入: 45.3%
助成金収入: 7.9%
補助金収入: 39.5%
その他経常収入: 2.0%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.