オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

認定特定非営利活動法人きょうとグリーンファンド

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10068

団体情報

きょうとグリーンファンドは、次の世代を担う子どもたちに自然エネルギーを大切に使う未来を手渡したいと、幼稚園や保育園に市民参加で太陽光発電設備「おひさま発電所」をつくり、環境学習を共に進めています。
所在地 〒600-8191 京都府京都市下京区五条高倉角堺町21 事務機のウエダビル206
TEL 075(352)9150
FAX 075(352)9150
E-mail info@kyoto-gf.org
ホームページ http://www.kyoto-gf.org
活動開始日 2000年11月
代表者 松岡 憲司
事業対象分野 温暖化防止、自然エネルギーの普及、子どもたちへの環境学習、地域の拠点づくり
組織の目的 きょうとグリーンファンドは、持続可能な社会の実現をめざして、市民の参加による自然エネルギー(再生可能エネルギー)の地域への普及と省エネの暮らし方を発信しています。具体的には、市民参加型で幼稚園や保育園に太陽光発電設備「おひさま発電所」を設置し、環境学習を進めています。地球温暖化による気候変動の影響が益々深刻になっている今、ひとり一人の暮らし方を変えていくために、活動を続けています。
主な事業 ・市民共同発電所づくり:地域の公共性の高い施設である保育園や幼稚園などをパートナーとして、市民参加型で太陽光発電設備「おひさま発電所」を設置しています。あわせて設置支援やその管理に関する事業もおこなっています。多方面の関係者を巻き込む設置プロジェクトは、現在京都周辺で21ヶ所となり、みずからの生活を見直すきっかけを与え、省エネ型の暮らしへの意識の転換を促すものとして、その波及効果に注目されています。 ・環境学習などのサポート:「おひさま発電所」となった施設に対しては、環境配慮をさらなる施設整備や保育内容などへと波及させるため、環境学習プログラムの提供などのサポートを継続して進めています。施設との連携で、教材づくりなども手がけており、紙芝居などを使った職員研修も継続して行っています。 ・省エネと自然エネルギー普及のための提言など:自然エネルギー普及のための仕組みづくりに関わるほか、市民共同発電所づくりのモデルとして各地への普及にも努めています。
スタッフ 有給非専従スタッフ : 5名
会員制度 正会員 :43名
賛助会員 : 21名
その他 団体会員 : 5団体
財政(2017年度) 総収入 4,518,721円
総支出 4,421,874円
財源内訳 入会金・会費収入: 13.40%
個人寄付金収入: 34.8%
事業収入: 35.1%
補助金収入: 13.3%
その他経常収入: 3.5%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.