オンライン寄付サイト Invest in the Future

団体情報

認定特定非営利活動法人フローレンス

リンクURL:http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=nm&nmk=10041

団体情報

子どもの熱や軽い病気の時に、安心して預けられる場所が圧倒的に少ない「病児保育問題」を「病児保育」という看護と保育の融合した領域で住みよい地域社会を創っていきます。仕事と子育ての両立が「当たり前」の社会を目指します。
所在地 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-7 秋穂セントラルビル2F
TEL 03(5275)1161
FAX 03(5275)1171
E-mail kifu@florence.or.jp
ホームページ http://www.florence.or.jp/
活動開始日 2003年4月
代表者 駒崎 弘樹
事業対象分野 訪問型病児保育事業 働き方革命事業 伝える変える事業 おうち保育園事業 コミュニティー創出事業 障害児保育事業 被災地支援事業
組織の目的 【ミッション】親子の笑顔をさまたげる社会問題の解決する。 【活動目的】病児保育問題解決の取り組みを通じて、「子育てと仕事そして自己実現の全てに誰もが挑戦できる、しなやかで躍動的な社会」の実現を目的とし活動している。
主な事業 【日本初の、非施設型・共済型病児保育事業】 病児保育施設が、多くの親から望まれながらも不足している理由は、施設の9割の場合赤字経営になる事業だからである。一般の保育所と違い、医療系の人件費がかかる上に季節変動が激しく収入が安定しないのだ。それを解決すべく、フローレンスは赤字経営にならない、新しい病児保育モデルを創りだした。そのポイントは施設を持たないことで膨大な固定費を削ること、そして、預かった時間分の料金ではなく、月会費制で収入を得るようにしたことである。これにより収入が安定し、経済的に自立可能な病児保育事業が生まれた。実際には、子供の急な発熱や風邪などで登園できない時に、前日または当日に連絡をもらい、希望によって保育スタッフが、お子様の自宅に駆けつける、または保育スタッフの自宅で預かりを行う。 サービス開始10年目の現在では、サポートエリアを東京都23区の他に、千葉県5市、神奈川県 横浜市 川崎市7区 さいたま県一部にまでエリア拡大しています。 詳細は、以下、URLをご確認ください http://byojihoiku.florence.r.jp/#top_9 2008年7月より、誰もが子育てと仕事の両立が当然の社会を実現するため、ひとり親支援を対象に、超低価格での病児保育サポートの提供をした。
スタッフ スタッフ:事務局スタッフ 81名・保育スタッフ 170名
その他 20名
会員制度 会員制度:病児保育利用会員 4006人(2014年3月現在)
寄付会員:848人(2014年3月現在)
財政(2015年度) 総収入 1,334,056,985円
総支出 1,255,038,260円
財源内訳 個人寄付金収入: 10.6%
事業収入: 43.6%
助成金収入: 45.1%
その他経常収入: 0.7%

寄付プロジェクト

団体からのお知らせ

現在、お知らせはありません
googleロゴ
STAFF BLOG
パブリックリソース財団
リンクのお願い

メルマガ登録 | お問い合わせ | サイトマップ | FAQ | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | セキュリティについて

Copyright © Public Resource Foundation. All Rights Reserved.